[ バリエータ比較 ]

CIAOVAR21

モノスピードの状態です。

右側のドリブンプーリーは、小径の80mmです。ベルトは、コンチネンタル、AVX10×950。

CIAOVAR22

piaggio純正のバリエータとプーリークラッチユニットです。

CIAOVAR23

この純正バリエータは、裏庭ガレージさんにお借りしました。比較検討する事ができ、大変感謝しています。

バリエータの固定プーリー径は、75.5mm

CIAOVAR24

固定プーリーは、フライホイールとの間にカラーを介して取り付けます。このカラーを使用してもプーリーの端部と面一(ツライチ)にしかならないので、フレームに干渉してしまいます。

平ワッシャーを入れて、フレームとの干渉は、カスカス状態です。

CIAOVAR25

純正バリエータのウエイトローラーです。

鉄心の周りに樹脂カバーを付ける形です。

CIAOVAR26

グリスを付けて組み立てます。

プーリーの角度は、31°でした。

CIAOVAR27

マロッシのバリエータと純正プーリークラッチユニットです。

malossi 513863 バリエーターキット

CIAOVAR28

固定プーリーと、フライホイールの間に入れてるカラーです。プーリー端部との距離は4.5mmあるので、純正バリエータの様に、フレームと干渉する事は有りません。

固定プーリーのテーパー部の径は、77mmでした。(周囲に平部が有ります。

CIAOVAR29

ローラーはグリスレス仕様なので、油の付着が無い様に組みます。

プーリーの角度は、27°でした。

CIAOVAR30

バリエータに付属のウエイトローラーは、4.7gで殆ど動きませんでした。

6612040.G0  16x13 gr.09.4
これは、低速と中間加速が宜しいです。半面音は大きめになります。

6612040.L0  16x13 gr.12.1
低速は充分、中間はダルになりますが、普通に乗るのには充分です。これが、バランス的に良さそうです。

 


道楽オヤジの部屋 OYAJIBAN.GIF - 1,932BYTES TOPTYARI.GIF - 1,865BYTES NEXT 2008年7月16日更新